2016年4月26日火曜日

epelからyumでCactiをインストールするとcacti.sqlがない

久々にCactiをインストールしようとしたらハマった。
ハマったところは Cactiをインストール via yum - CentOS@さくらVPSで構築するサーバ管理・運用メモ を見て解決したんだけれど(ビバインターネット)2016年にもなってまだcacti.sql入ってないの馬鹿なの? とか思ってたらなんか変な動作してる。


なんだこれ。

# cat /etc/centos-release
CentOS release 6.6 (Final)

# yum install -y epel-release

# yum install -y cacti
..

# rpm -ql cacti | grep cacti.sql
/usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

# ll /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql
ls: cannot access /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql: No such file or directory

# rpm -Vv cacti | grep cacti.sql
.........  d /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

epelからyumで突っ込むとcacti.sqlは無い。
でもrpm -Vでもmissingとも言われない。


# yum install -y epel-release yum-utils

# yumdownloader cacti

# yum install -y crontabs httpd mysql net-snmp net-snmp-utils php php-mysql php-snmp rrdtool perl
# rpm -i cacti-0.8.8b-7.el6.noarch.rpm

# rpm -ql cacti | grep cacti.sql
/usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

# ll /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql
-rw-r--r-- 1 root root 178349 Aug  7  2013 /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

# rpm -Vv cacti | grep cacti.sql
.........  d /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

yumdownloaderからのrpmでインストールするとフツーにあった(コンテナーは新しく立ち上げ直した)
えー、なにこれ。


# yum install -y epel-release yum-utils

# yumdownloader cacti
# yum install -y ./cacti-0.8.8b-7.el6.noarch.rpm

# rpm -ql cacti | grep cacti.sql
/usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

# ll /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql
ls: cannot access /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql: No such file or directory

# rpm -Vv cacti | grep cacti.sql
.........  d /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

yumdownloaderからのyumコマンドだと消えるので、yumコマンドが悪さをしてるのはそうなんだろうけど。。
ナニコレ。

CentOS 6.6とCentOS 7.2(の吊るしのDockerイメージ)で確認。


【2016/04/26 13:42】

教えてもらいました! ビバインターネット!





# yum install -y epel-release

# diff -C1 /etc/yum.conf{.orig,}
*** /etc/yum.conf.orig  2016-04-26 04:44:45.807999999 +0000
--- /etc/yum.conf       2016-04-26 04:44:55.390999997 +0000
***************
*** 12,14 ****
  distroverpkg=centos-release
! tsflags=nodocs

--- 12,14 ----
  distroverpkg=centos-release
! #tsflags=nodocs

# yum install -y cacti

# rpm -ql cacti | grep cacti.sql
/usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

# ll /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql
-rw-r--r-- 1 root root 178349 Aug  7  2013 /usr/share/doc/cacti-0.8.8b/cacti.sql

やった!! ありがとうございます!!

2016年4月1日金曜日

舞奈たんとは何なのか

4/1ですが大真面目なはなし(?)


俺が最初に言い出したのは多分この時。



日本MySQLユーザ会  略称MyNA(まいな)と日本MySQLユーザ会MariaDB分科会 略称MariNA(まりな)、擬人化されてないのおかしくね? みたいなネタでした(誰だったか忘れたけれど誰かが言ってたのをネタにしたと記憶している)


【2016/04/27 12:42】
代表えもんだったようです。







それ以降は割としょっちゅう言ってた気がします。




あれから2年が経ち…カッとしてクラウドワークスで発注しました。
今でもなんであんなにムキになって舞奈たんを擬人化したかったのか良くわかりません。
なお、舞奈たんは「マイナくん(仮)」の擬人化であってMySQLの擬人化ではないので、緑色です。

最初は 第2回 MySQL・PostgreSQLユーザーグループ(MyNA・JPUG)合同DB勉強会 に間に合うようなスケジュールを考えていたんですが(「MySQLといかMyNAのPostgreSQLというかJPUGに対する優位点? 萌えキャラがいることですよ!」って言いたかった)、依頼してたデザイナーさんと連絡が取れなくなるなどクラウドソーシングの闇をいくつか見たあとで、最終的に キヨイチ さんに受注していただきました(*-人-)





( ´-`).oO(現在もう候補画像は見られませんが、当時1案と呼ばれていたものが僅差で勝ちました。というわけでこれが舞奈たん。




この手のネタは人によって好き嫌い分かれそうですが、まあかつて↓こんなことやってた人たちなので大丈夫だろうとか思ってましたし思ってます。

萌え萌えなMySQL互換オープンソースデータベース「MoSQL」 - GIGAZINE


もともと、俺が会社目的でも個人目的でもスライドなりステッカーなりサイトなり好きなように使えるように発注したものなので、ライセンスはとてもゆるい です。
値段ぶんくらいは使い倒したいと思っているのでみなさんも協力してくだしあ。

ちなみに「どこからその予算出てるの?」と聞かれることが何度かありましたが、俺のお小遣いです


何が言いたいかと言うと今月のクレジットカードの引き落としがくぁwせdrftgyふじこlp


【2016/06/29 10:56】

うん、「また」なんだ。済まない。
(妻にバレるまでは)謝って許してもらおうとも思っていない。





ファイルとライセンスはこちら!

https://github.com/yoku0825/MyNA/tree/master/unofficial_myna_girl2